ブラック・マジック・ウーマン( Black Magic Woman )
作詞・作曲/ピーター・グリーン( Peter Green )

ジプシー・クイーン( Gypsy Queen )
作曲/ガボール・スザボ( Gabor Szabo )

SANTANA ABRAXAS ( SONY )
サンタナ 天の守護神

ブラック・マジック・ウーマンと会ったぜ
ブラック・マジック・ウーマンと会ったぜ
ブラック・マジック・ウーマンと俺は会ったさ
だけど俺は目がくらんで
奴っこさんがブラック・マジック・ウーマンだって
判らなかったのさ
彼女は俺から
悪魔を引き出そうとしたぜ

背中をむけるんじゃないよ ベイビー
背中をむけるんじゃないよ ベイビー
背中をむけるんじゃないベイビー
お前のトリックをあばいてやるからな
背中をむけるんじゃないよベイビー
俺の魔法の杖を 握ったな

俺に魔法をかけるがいい ベイビー
俺に魔法をかけるがいい ベイビー
そうさ 俺に魔法をかけてみろっていうんだ
俺の心を石に変えてみな
しゃくだがお前が必要らしいな 魔女め
お前を ひとりにしとくわけにゃいかないさ

歌詞対訳:原田愛子





この歌、ブラック・マジック・ウーマンを作ったピーター・グリーン
(1946年生まれ)はイギリスのロンドンに生まれ、20才のとき
ピーター・バーデンの率いる"Peter B's Looners"にギターとして
加わりましたが、3ケ月後にエリック・クラップトンが所属していた
ジョン・メイオールとブルース・ブレーカーと数回の演奏の機会があり、
そこからエリック・クラップトンが去って"Cream"を結成した後に、
正式なメンバーとなりました。そこで彼のリード・ギターを中心とした
アルバム"A Hard Road"で"The Same Way"と"The Supernatural"の2曲
を作曲しました。翌年には同グループを去り、彼自身のバンドである
"Fleetwood Mac"を結成しました。当初はブルース・ロック・バンド
として、クラシック・ブルースを演奏しておりましたが、1968年、
彼が22才の時に、この"ブラック・マジック・ウーマン"を作って
イギリスでシングル盤としてリリースされましたが、チャートの37位
という結果でした。しかしその2年後にアメリカで、このサンタナが
これを歌い、世界的な大ヒットとなりました。それにより彼のバンドは
一躍有名になり、彼が作った"Oh Well"、"Man of the World"、"The Green
Manalishi"はヒットとなり、"Albatross"はイギリスのチャートで1位
となりました。その後ヨーロッパ各地でコンサートを行いましたが、
人工麻薬のLSD中毒となり、精神にも異常を来たしたために、19
70年にバンド活動は中止となりました。それ以降は療養生活をつづけ
ながら何枚かのアルバムをリリースしましたが、ヒットはありません
でした。この曲の後半部分のジプシー・クイーンを作曲したガボール・スザボ
スザボ(1936-1982)はハンガリーの首都ブタペスト生まれで、14才から
ギターを弾き始め、ラジオの"ボイス・オブ・アメリカ"を聴いてジャズに
影響を受けました。20才の時に当時共産圏であったハンガリーから
アメリカに逃れ、ボストンのバークリー音楽院に学びました。そして
1958年にニューポート・ジャズ・フェスティバルに招かれて演奏し、
1961〜1965年までチコ・ハミルトン・クインテッド(四重奏団)
で演奏しました。彼の音楽は故国ハンガリーのジプシー音楽の影響が色濃く
流れていて、彼のファンであったカルロス・サンタナがこの曲の後半に
それを取り入れたのが、この歌となり大ヒットとなりました。彼は1982
年に故郷のブタペスト訪問中に肝臓障害にて46才の若さで亡くなりました。


カルロス・サンタナ ( Wikipedia )

カルロス・サンタナ ( 公式サイト )

ピーター・グリーン ( 伝記 )

ガボール・スザボ ( ディスコグラフィー )

この歌についての感想、思い出等
もっとボーカル!

アマゾン・ミュージック カルロス・サンタナ




HOME